実技対策

実技対策はとにかく2時間で設計図面と設計プラン書き上げることにつきます!
以下STEP毎に2時間で綺麗な図面を仕上げるテクニックをレッスンします。このページは学習の都度アップしゆきます。
STEP1
試験会場で出題された問題でデザインを考えていたらダメ!
試験当日、試験会場で設問を見てからプラン・デザインを行うか・・・あらかじめ解答図面を頭にインプットして行くか???
設問を見てからプラン・デザインをするには3時間は必要です!しかし試験の時間は2時間しかありません。さあ、どうします???
詳しくはこちらです。

STEP2
審査員はどんな図面(解答)を好むのか?
学科の場合はマークシートですから容赦はありません。(但しマークは綺麗にふりましょう!)
しかし実技の場合、審査されるかたは人です、綺麗で見やすい図面には好感を持つはずです。その秘訣は、そうですラインをキッチリ引くこと、メリハリをつけ魅力的に見せましょう!すべての資格試験の実技の秘訣です。綺麗なものには心がこもっています。だから審査する人の心をつかみ易い!
詳しくはこちらです。

STEP3
いよいよ平面図の作成 LDKのゾーニングを決めます。
平面図の作成をします。キッチン・リビング・ダイニングのゾーンを決定することから始まります。これによりL型キッチンの長さを決定し組み合わせる部材の長さも決定します。
☆パイプスペースのある場所を把握します。水回り、ガス配管工事コスト削減を図ります。
☆窓と戸の位置と種類を確認し、図面にある方位図から採光とおおまかな動線を検討します。
パート1詳しくはこちらです。
パート2詳しくはこちらです。

STEP4
平面図を作成します。
いよいよ平面図のレッスンスタートです。まずは下記の基本手順をご確認下さい。万一L型の寸法を間違えた場合リカバリーするのに時間がかかりますので、その手順はパート2に示しています。
パート1詳しくはこちらです。(熱源・シンク・冷蔵庫等のレイアウト1)
パート2詳しくはこちらです。(熱源・シンク・冷蔵庫等のレイアウト2)
パート3詳しくはこちらです。(ウオールキャビネットのレイアウト)
パート4詳しくはこちらです。(造作カウンター・壁等のレイアウト)
では、手書きで描いてみましょう。
この平面図を15分以内に仕上げる必要があります。
手書き平面図1詳しくはこちらです。
上の平面図にサイズ等とリビング部分などを描きあげるのを30分以内に仕上げる必要があります。
手書き平面図2詳しくはこちらです。
採点者に、綺麗に見せるため図面にメリハリを付けます。
手書き平面図3詳しくはこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です